このページの本文へ移動

誠佛保育園

メニュー

食育・給食について

誠佛保育園の給食は、栄養士が子どもの年齢と栄養を考えた献立をたてて、全て自園で調理しています。
そして子どもたちが楽しく食事ができるように、また おやつも手作りなど工夫しています。
なるべく国産・地元のお野菜や魚などを使い、旬の食材を取り入れた季節のメニューを心がけています。

夏になると子どもたちと一緒に ナスやトマト、ピーマンなどの夏野菜を育てます。観察、水やり、収穫し、みんなで食べると格別においしいね!

クッキング保育が年に数回あり、大きなクラスの子どもは包丁や皮むき器を使って調理したり、小さなクラスの子どもも手で野菜をちぎったり…と、それぞれができることを行っています。

img_1314 img_1336 img_1330

みんなで小さくした野菜を給食の先生が調理し、みんな揃って一緒にいただきます。この日ばかりは、ちょっと苦手なお野菜も おかわりするほどの大人気です。

(↑上記 写真は 豚汁つくりの様子)

食 育 目 標

・食べることの楽しさを知る
・食を通して命の大切さを知り、感謝の気持ちを育てる。
・食事のマナーを身につける。
・食べ物や健康に関心を持つ。

食育年間計画

4 月 お花見(園庭の桜の木の下で給食を食べます。)
5 月 おにぎりを作る ・夏野菜を植える ・いちご狩り
6 月 梅シロップ作り ・カレーの下準備(野菜の皮むきなど)
8 月 夏野菜の収穫(ピーマン、なすび、オクラなど)
9 月 ブドウの収穫
11 月 豚汁作り
1 月 おもちつき
2 月 ・節分(巻き寿司)
3 月 ・ひなまつり(散らし寿司)

※上記以外にも、大根餅やホットケーキなど、様々なクッキング保育もあります。

食物アレルギーについて

食物アレルギーのある園児は事前に担任の先生までお知らせください。
栄養バランスを考えた他の食材にて対応をさせていただきます。

 食前のことば

多くのいのちと みなさまのおかげにより、このごちそうをめぐまれました。
深くご恩を喜び、ありがたくいただきます。

 

園では、食事の前に手を合わせ、このような感謝の気持ちを言葉にしてから、食事をしています。

食育について

ページのトップへ戻る